読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵かきブログ/絵を描いて見えたもの

何かをつくったり、アートに触れたりする楽しさを、共有できたらもっと素敵。

夏の音色

9月になりました。

まだ秋になったような気はしませんが、スーパーで秋刀魚が並んでいるのを見て夏が終わろうとしていることに気づかされます。

f:id:seitua:20160905183815j:plain

貝殻を耳にあてると波の音が聞こえる、そう教えてもらって、子どもの頃はよく拾った貝殻を耳にあてていました。

小さくザーーーーーーと音が聞こえて、「ほんとだ!聞こえるよお母さん!お父さん!」とはしゃぎながら両親に報告したことを覚えています。

 

でもこれ、手をあてても聞こえるんですよね。

大人になるにつれて現実を知ってしまいましたが、それでもやっぱり貝殻で聞くと情緒を感じて心地よいような気がします。

 

 

今は貝殻を拾ってもあまり耳にあてたりはしません。

理由は手をあてても聞こえるからではなく、とある出来事のせいなのです。

 

私がまだ小学生の頃、家族旅行で海に遊びに行った時のことでした。

私は浜辺で貝殻を拾い、いつものようにその拾った貝殻を耳にあてて波の音をきいていました。

f:id:seitua:20160905183922j:plain

しかしそこでひとつ、何か違和感を感じます。

なんだろう?

 

 

 

音を聞いていた貝殻を耳から離し、そこに目をやってみると

f:id:seitua:20160905183927j:plain

貝殻の穴の中から蜘蛛が!!!!!!!!!

(絵がわかりくいことをお詫びします)

 

その瞬間「うあぁっ!!!」と声をあげて貝殻を放り投げました。

私は蜘蛛が大の苦手なのです。昆虫は割と平気な方(むしろ絵に描いたりするのは好きな方)ですが、蜘蛛は本当にダメなのです。まあ蜘蛛って昆虫じゃないし。

 

この出来事以降、貝殻を拾うときは何か中にいるんじゃないかと警戒するようになりました。

耳に当てるのも恐る恐るです。

 

 

 

蜘蛛に罪はないんですけどね。

多分あの時貝殻の中にいた蜘蛛は出入り口を私の耳でふさがれ、困っていたことでしょう。

 

蜘蛛の気持ち↓(想像)

f:id:seitua:20160905183932j:plain

皆様も貝殻を耳にあてるときはお気をつけて。