読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵かきブログ/絵を描いて見えたもの

何かをつくったり、アートに触れたりする楽しさを、共有できたらもっと素敵。

ファーバーカステルの色鉛筆を購入・比較

ずっと欲しいと思っていた、ファーバーカステルのポリクロモス色鉛筆120色セットを購入しました!

 

今まではトンボ色鉛筆24色セットを使っていた私。

ファーバーカステルの色鉛筆120色を使うとどれくらいの差が出るのか、試してみました。

24色と120色では色数があまりに違うので純粋な比較にはならないと思いますが、これから「ちょっといい色鉛筆に手を出してみようかな」「色数を増やしてみようかな」と考えている方の参考になったら嬉しいです。

 

 

まずトンボ色鉛筆24色を使って描いたのがこちら。

f:id:seitua:20170117093912j:plain

我が家の愛猫こたろー君。

24色でもけっこう描けます。お値段もリーズナブルで手に入りやすいので、トンボ色鉛筆も気に入っております。

描き心地はかため。紙目をつぶすように、カリカリと細かい所を描ける感じが好きです。

 

 

続いて、ファーバーカステルポリクロモス色鉛筆120色を使って描いたのがこちら。

f:id:seitua:20170117093917j:plain

発色が全く違いました。鮮やか。きれい。深みが出ます。

混色もしやすいですね。重ねて塗るとすっと色が混ざります。

描き心地はトンボ色鉛筆に比べるとやわらかめ。細かい所もきちんと描けますが、今回のように荒目の紙を使うと紙のデコボコが残ります。

 

紙の質感の出方は好みによりますね。

紙目のデコボコした感じが残っていた方があたたかみがあって好きという方もいますし、写真のようなリアルな絵を描きたい方はデコボコした感じが邪魔に見えて嫌だったりします。

写真風リアル絵を描きたい方は、細目の紙を選ぶことも忘れずに!

 

 

 

今回比較してみましたが、どちらの色鉛筆にも別のよさがあります。

はじめて色鉛筆に触れるならトンボ色鉛筆でも充分かなと思います。

そこで「色鉛筆いいかも!」と思ったら、グレードアップしていくというのがいいのではないでしょうか。

 

 

使用したもの
トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 24色 CB-NQ24C

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 24色 CB-NQ24C

 

 

 

マルマン F2 スケッチブック アートスパイラル 24枚 厚口画用紙 レッド S312-01

マルマン F2 スケッチブック アートスパイラル 24枚 厚口画用紙 レッド S312-01