読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お絵かきブログ/絵を描いて見えたもの

何かをつくったり、アートに触れたりする楽しさを、共有できたらもっと素敵。

24色色鉛筆で大人の塗り絵に挑戦 第1回<色鉛筆の使い方②>

描き方公開 大人の塗り絵

前回はこの状態で終わっていました。

f:id:seitua:20161125154451j:plain

 

引き続き少しずつ色を濃くしていきます。

f:id:seitua:20161125155127j:plain

 段々と色を濃くしていく中で、ムラなくグラデーションをつけたいですよね。

そんな時は、色鉛筆の筆圧のかけ方や塗る方向がポイントです。

f:id:seitua:20161125155222j:plain

左から順番に見ていきます。

まず左の水色。空もこの塗り方をしています。いろんな方向に塗ることで、厚みがでてきます。

真ん中のオレンジ。筆圧の強弱をつけるだけで色の出方が変わります。

右の緑。真ん中から放射状に筆圧を弱くしながら塗っています。

 

このような塗り方をうまく使えば、きれいなグラデーションにして色の変化をつけることができます。

下地にそれぞれ黄色、黄緑を塗ってから上記(右ふたつ)の塗り方をしたのがこちら。

f:id:seitua:20161125155228j:plain

 

全体に色がついてきたら、ここらで細かい部分を描きこみ始めます。

主役であるナキウサギくん。

先端を尖らせた色鉛筆を立ててもち、一本一本の毛を描くイメージで色をのせていきます。

f:id:seitua:20161125160409j:plain

青い色はお尻などの影の部分に入れています。まわりの色が反射して写りこんでいるようなイメージなので、がっつり青く描くのではなくやわらかく塗ります。

 

 

次は葉っぱ。しっかりと色をのせていきます。

f:id:seitua:20161125160952j:plain

ちなみに茶色は主に葉脈の部分をなぞるように塗っています。

 

 

背景部分。

f:id:seitua:20161125161210j:plain

平地の部分は少し塗り方を変えてみました。

大げさにやるとこんな感じです↓

f:id:seitua:20161125161229j:plain

ドットを描くように塗っていきました。こういう風に塗り方を変えて遊べるのも色鉛筆の面白いところ。

 

 

背景山部分。

f:id:seitua:20161125161538j:plain

遠くにある山なので、濃くしすぎると違和感が出てきます。

濃くしすぎた時はやさしく練りゴムで消します。

 

 

手前の岩の模様。

f:id:seitua:20161125161710j:plain

もともとうっすらと模様の線がついているので、それを頼りに模様をしっかり描きます。完成度がぐっとあがります。

 

 

全体をもう一度見渡して、足りないと思う部分に色を足したら完成です!

f:id:seitua:20161125143034j:plain

 

楽しかった!

オリジナルな絵を描きつつも、大人の塗り絵も続けていきたいです。

 

 関連記事 

前編→24色色鉛筆で大人の塗り絵に挑戦 第1回<色鉛筆の使い方①> - お絵かきブログ/絵を描いて見えたもの

 

使用したもの

 

大人の塗り絵 自然の中の動物たち編

大人の塗り絵 自然の中の動物たち編

 

 

 

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 24色 CB-NQ24C

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 24色 CB-NQ24C

 

 

 

バニーコルアート イージークリーナー 1個

バニーコルアート イージークリーナー 1個